· 

『3つの筋肉の鍛え方 ①』

赤い筋肉は、前回、ご説明したように持久力の筋肉で、主に脂肪を燃焼させる筋肉なので、軽い運動を継続的に行うのに適した筋肉になっており、赤い筋肉が使われることで、体脂肪を効果的に燃焼させることができます。

 

なので、赤い筋肉を鍛えるには「低負荷で高回数」の運動が有効で、ジョギングや水泳などカラダに無理がかからない適度の運動があげられる。

 

強度としては、最大反復回数70%ほどが良く、1Set 15回以上行えるのが目安となる。

 

赤い筋肉は運動の際に体内の糖だけではなく、脂肪をエネルギーとして使用します。

 

筋肉が糖質や脂質をエネルギーとして燃焼させる能力のことを“筋代謝力”と言い、これも「低負荷で高回数」の運動によって高めることができます。